園長のひとりごと

非認知能力
2021-09-06
 全国で新型コロナウイルスが猛威を振るっています。そのなか、耳を疑うようなニュースも多々聞こえてきます。今、乳幼児期に大切なのは非認知能力を養うことだとよく言われます。非認知能力とは人間としての内面力、人と関わる力のことで、テスト等では計れない力の総称です。ネットなどで詳細をご覧頂けるとお感じになると思いますが、ごく普通、当たり前のことが列記されています。しかし、この各能力を大人になって改めて習得しようと考えた時、その難しさに気付かされます。「鉄は熱いうちに打て」と云われますが、大人となり冷えて固まった状態では、新たな能力の習得に困難なことは多くあります。乳幼児期に自然と生活のなかに存在し、意識することなく心身に入り、その後生涯の力となる。この先、子どもたちにどのような世界が待ち受けているか想像できませんが、内面の力、人と関わる力は、乳幼児期に身に付ける必要があるとても重要なスキルです。今も昔も、子育て・教育とは、未来を見据えてされるべきものだと改めて強く感じます。
現在の写真
 
8月6日
2021-08-06
 被爆から76年目の夏です。東京では1年遅れでオリンピックが開催されるなか、全国の新型コロナウイルス新規感染者が15,000人を超えるという2021年の8月を迎えています。今日の平和宣言にもありましたが、現在世界は一つとなって新型コロナウイルスの脅威と戦っています。このような世界の思いを一つにした力が、核兵器廃絶に向かえば恒久平和実現への重要な足掛かりとなるはずです。1945年8月6日午前8時15分、決して忘れてはいけない事実、祖父母から託された非戦への思いを今一度思い出し、子どもたちに語り継ぐ。これは現在、親として子どもたちを育てている世代の使命なのです。2021年8月6日午前8時15分、今、目の前で輝いている子どもたちの笑顔を、この先も決して絶やしてはならないのです。
 
現在の写真
 
転換期
2021-07-03
 今年の梅雨入りは例年よりかなり早い時期の宣言でしたが、雨をあまり感じない6月となりました。現在コロナワクチンの早急な接種が各地で盛んに行われ、ニュースでは注射される腕が毎日映し出されています。全国民への特別定額給付金、無料でのワクチン接種、そして賛否両論オリンピックももうすぐ開幕しそうです。世界に目を向けるとアメリカではUFOの報告書が議会へ正式に提出され、昨年リビアの内戦では攻撃の意思決定をAIが行う「自律型致死兵器システム」と呼ばれる殺人ロボット兵器が世界初使用された可能性があるというニュースもありました。世の中は常に変化しています。良くも悪くも急激な変化をしています。過去50年の変化と、この先50年の変化はまったくの別物になると思います。子どもたちはそんなこんな世界をこれから歩み、支えていかなければなりません。皆様には頻繁にお話させて頂いていますが、乳幼児期からの「自立・自律」は今後更に重要な成長の要素となっていくでしょう。0才児から5才児までその年齢に応じた自立、自律が存在し、それを一つずつクリアしていくことで、肉体的にも精神的にも成熟していくということをしっかりと心にとどめての関わりをこれからもお願い致します。保育園等の行事を通しても、ご家庭とは違う姿、成長を感じられるのではないかと思います。友達との関わり、保育士とのやり取り、真剣な眼差し、集中力の継続、子どもたちは日々、生活の中から様々なものを獲得しています。その目的は、当然ではありますが未来を生き抜くためです。就学前の成長、発達状況はその後のすべてに大きく影響を及ぼします。昨年、突如として現れ、世界を一変させた新型コロナウイルスは、人類のもろさ、衝撃的な未来への転換を示すと同時に、これからの教育に一層求められる力(自立、律・思考力・判断力・行動力)も示しているのではないかと感じます。
現在の写真
 
Let's play
2021-06-14
 保育園や幼稚園では子どもは遊ぶことから学んでいると云う表現を頻繁にします。しかしこれは一般的に誤解を招きやすい表現だと感じます。確かに保育園では0才児から5才児まで、毎日いろんなことをして遊んでいます。でもこの遊び、本当に遊んでいるという表現で単純に捉えてよいのでしょうか。大人の遊び、それは仕事以外のことに時間を費やす、悪く略すと「お金を使って、周囲に理解されない可能性があることに時間を費やす」といった感じではないでしょうか・・あ~耳が痛い痛い。では子どもたちの「遊び」とは・・・それは「する」という意味合いもあるPLAYなのではないでしょうか。確かに子どもたちの行動を大きな括りで「遊んでいる」と捉えると「遊びは学び」が成立すると思います。しかし子どもたちの行動を、目的を持った「する」と捉えると、学びという部分は、遊びとは少し切り離して捉えなければなりません。遊ぶPLAYのなかに偶然学びが存在することは多々あります。しかし一方では活動当初から各年齢に応じた目的の為にするPLAYも多く存在しいるのです。PLAYを「遊び・する」と定義付けるのは大人視点であり、子どもからは、どちらでも良いのかもしれません。しかし大人には子どもに対して、その年齢、発達段階に応じた環境を整えるという重要な役割がありますので、無関心でもいけません。かといって締め過ぎ禁物、車のハンドル的な遊び(ゆとり)の部分は十分に残しつつの子育て環境・・・難しいですが、心掛けたいものです。子どもが育つ環境には様々な遊びが存在します。そのなかに様々なスキルアップのツールも隠れています。今のPLAYは、遊びなのか?するなのか?思い巡らせながら、ゆとりある子育てを楽しんで頂きたいと思います。
現在の写真
 
大人の隠し味
2021-03-09
 昔から「一月は行く、二月は逃げる、三月は去る」とよく云われますが、毎年のことながらあっという間の3ヶ月です!保育園でも年度末が迫り、慌ただしくなって参りました。昨年の入園当初を思い出すと、歩ける!話せる!着替えれる!身体のコントロール、コミュニケーションも上達し、お友達もたくさん出来ました。お家に帰られて「今日は・・を作ったよ、・・があったんよ」というような保育園での話も、子どもたちから出ているのではないでしょうか・・・もし出ていなければ、いろいろ出るように、ほじってみてください。その日の生活、行動を親子で一緒に振り返ることは案外重要です!!今日は・・が楽しかった、嬉しかった、逆に・・が嫌だった、楽しくなかった、保育園で感じたことを、もう一度お家で思い出してもらい、それに共感してあげる。楽しかった、嬉しかったことは、よりポジティブに笑顔で、また成長するにつれて、トラブルの話もあるかとは思いますが、そのような時にも、なるべくネガティブ方面は避けながらの会話テクニックを、是非お願い致します。子どもたちは、信頼のおける保護者の皆様の話、思い、感情を素直に大量に吸収しながら成長していきます。楽しさ、嬉しさ、幸せをしっかりと感じてもらえるような関わりは、これから一生を左右していく人格の形成にとても重要なことです。実際ほんの一手間のことですが、これが未来に繋がります。見たものをどう感じるか、聞いたことをどう捉えるか、触ったものから何を得るか。子どもたちの純粋な思いに、大人の良き経験を隠し味として、少量効かせて(聞かせて)あげてください。隠し味ですので目立ちませんが効果ありますよ~。
現在の写真
 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 »